Skip to main content

JavaScript SDK

ケンオールは、JavaScriptのクライアントライブラリを提供しています。

使い方#

kenall-jsはブラウザでそのまま利用可能なスタンドアロンのJavaScriptバンドルとしても、Node.jsのモジュールとしても利用することができます。

ブラウザで使う場合#

スクリプトを利用するHTMLファイルに

<script type="text/javascript" src="スクリプトバンドルの場所"></script>

を記載すると、(以降に読み込まれた<script>タグの中で) windowオブジェクトにkenallオブジェクトが追加され、kenallオブジェクトのKENALLプロパティの値としてKENALLコンストラクタが利用可能になります。コンストラクタに対してnewを適用することで、KENALLオブジェクトを扱うことができるようになります。

スクリプトバンドルは事前にブラウザからアクセス可能な場所にアップロードする必要があることに留意してください。

<script type="text/javascript">function fill(form) {  // APIキーはダッシュボードから取得してください  const k = new kenall.KENALL('API_KEY_DAYO');  const postalCode = form.elements["postalcode"].value;  k.getAddress(postalCode).then(    function (address) {      const firstCandidate = address.data[0];      form.elements["prefecture"].value = firstCandidate["prefecture"];    }  ).catch(function () {    alert("API呼び出しに失敗しました");  });}</script>

のように利用してください。

なお、最新のスクリプトバンドルのURLとして、以下を使うこともできます。可能な限り問題が発生しないよう配慮しますが、このURLの場所から常にバンドルをダウンロードできるかどうかは保証できません。

Node.jsで使う場合#

プロジェクトのディレクトリで

npm i @ken-all/kenall

を実行します。

const { KENALL } = require('@ken-all/kenall');
// APIキーはダッシュボードから取得してくださいconst api = new KENALL('API_KEY_DAYO');
api.getAddress(postalCode).then(  r => {    console.log(r);  }).catch(  e => {    console.error(e);  });